コスモウォーター@ボトルについて

MENU

コスモウォーター ボトルの改良

ウォーターサーバーに使用されるガロンボトルやポリエチレン製のボトルでは、キャップをボトルにがっちりと嵌めこみ、ボトル入り口からの空気や水のあふれるのを防ぐために専用の防止シートが不可欠でした。

 

ガロンボトルタイプでは、今現在でもこの防止シートを使用している製造業者が多いです。

 

ウォーターサーバー内のボトルに水を入れ、しっかりとキャップするためには専用の防止シートを使いますが、ここには雑菌が繁殖しやすく、キャップの形状からも殺菌しづらい形になっていました。

 

常に水に触れ、雑菌が繁殖しやすいシート裏は完全に殺菌が必要です。

 

コスモウォーターのボトルキャップには、水漏れ防止シートを使わなくてもよいようにボトルの設計の見直しを行いました。

 

これによりウォーターサーバー内のボトルの水もれを防ぎ、かつキャップとボトルの両方を衛生的に洗浄することができ、いつでもキレイな水を飲めるようになりました。

 

コスモウォーターのボトルはやわらかい素材のPET樹脂を使用しているため使用後に簡単につぶせます。

 

ウォーターサーバーのボトルは自治体により、廃棄するなり、リサイクルにまわすなどしてください。

 

コスモウォーターは衛生と安全な水を追求したウォーターサーバーです。

 

 

コスモウォーター@ボトルについて関連ページ

コスモウォーター@口コミでも評判の無菌エアーシステムのウォーターサーバー
コスモウォーターではウォーターサーバーのレンタル料無料。1リットルあたりでも格安のお値段です。富士の響き、奥京都の古都の天然水、日田天然水の日田の誉の3種類から選べます。メンテナンスフリー。無菌エアーシステム搭載でサーバー内を常に衛生的に保ちます。
コスモウォーター@ウォーターサーバー内の菌の繁殖抑制
ウォーターサーバー内の菌の繁殖具合を検査機関「厚生労働省登録検査機関・社団法人京都微生物研究所」がリサーチしたところ、雑菌対策をとっていない一般的なウォーターサーバーと無菌エアーシステムを取り入れたウォーターサーバーのコスモウォーターでは、あきらかな違いがありました。
コスモウォーター@Q&A
コスモウォーターのQ&Aの紹介です。