ドリームウォーター@安全な水を供給する無菌エアーシステム

MENU

ドリームウォーター 特許の無菌エアーシステム

 

ドリームウォーターでは、環境ホルモンの心配のないペットボトルに使われてる素材のPET樹脂の容器を使い、サーバーのタンク内には殺菌された綺麗な空気を送り込む構造になっています。

 

ウォーターサーバーで毎日使用する水質の安全性やリサイクルを考えた結果、メンテナンスのいらない特許システムが完成しました。(ドリームウォーターサーバーの特許は、特許第4317259・特許第4317262)

 

従来型のウォーターサーバーの場合、外部から空気が入らなければサーバー内から水が供給されないシステムでした。

 

よって雑菌による水質の汚染が一番の問題でした。

 

ドリームウォーターでは無菌エアーシステムを採用し、サーバー内の空気を常に殺菌、空気が触れる水にも雑菌が繁殖しない工夫がなされています。

 

オゾンの殺菌と活性炭による殺菌の2重の殺菌を空気に施していますので、わずかに入ってくる空気も綺麗な状態になり、水質の劣化を防止します。

 

ドリームウォーター@安全な水を供給する無菌エアーシステム関連ページ

ドリームウォーター@口コミでも評判の年間使用料無料のウォーターサーバー
ウォーターサーバーのドリームウォーターではウォーターサーバーの年間の使用料が無料となっています。
ドリームウォーター@無菌型とその他のウォーターサーバー
ウォーターサーバーのドリームウォーターでは、無菌エアーサーバーと呼ばれる方式で、使われ減った水分の領域は大気圧によってつぶれるような構造になっており、雑菌が混入する心配がありません。
ドリームウォーター@再利用のない安全なボトル
ウォーターサーバーの従来型ではボトルの素材として環境ホルモン・ビスフェノールAなどの懸念があるポリカーボネイトを使用しています。
ドリームウォーター@安全なPET樹脂のボトル
ウォーターサーバーのドリームウォーターでは、環境ホルモン・ビスフェノールAの心配のまったくない安全なペットボトルのPET樹脂を使用しており、リサイクルにも貢献しています。
ドリームウォーター@リサイクルできるボトル
ウォーターサーバーのドリームウォーターに使用する天然水の容器は環境ホルモンの影響のないPET樹脂でつくられています。
ドリームウォーター@放射性物質検査
ウォーターサーバーのドリームウォーターでは福島県原発事故の影響による放射性物質の検査をしています。その結果、ヨウ素、セシウム(放射性ヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137)などの放射性物質は一切検出されませんでした。