ワンウェイウォーター@ガロンタイプを使用しない訳

MENU

ワンウェイウォーター ガロンタイプとPET樹脂の比較

 

ウォーターサーバーのメーカーによってはガロンタイプのボトルを使用していますが、水を使用したあと、ボトルの形はつぶれたりせず変化しないため、ボトルの保管場所が不可欠です。

 

ワンウェイウォーターでは天然水を使用するたびに水容器がへこんでいきますので、ボトルの使用後は形状は平らになってしまいます。

 

これによってボトルの置き場所に困ることなく、PET樹脂を使用していますので各自治体のルールに従って処理していただけます。

 

PET樹脂は炭素と水と空気からできていますので、環境にやさしい自然に近いものです。

 

また、ビスフェノールAについては厚生労働省により、ポリカーボネートやエポキシ樹脂のプラスチックでできた哺乳瓶や食器類の使用を控えるよう呼びかけられています。

 

ビスフェノールAは環境ホルモンで、別称内分泌攪乱化学物質とも呼ばれています。

 

ワンウェイウォーターで使用しているPET樹脂はペットボトルになどに使われてる安全な素材で、耐熱性があり、高い温度でも変形せず、ガスや水が外に漏れず、内容物(水の品質)が変化しない素材です。

 

ワンウェイウォーター@ガロンタイプを使用しない訳関連ページ

ワンウェイウォーター@口コミで評判の無菌エアーシステム採用ウォーターサーバー
ワンウェイウォーターではウォーターサーバーのレンタル料無料!1リットルあたり149円からです。天然水(ナチュラルミネラルウォーター)は九州日田「天寿の水」、富士の銘水「凛(rin)」、奥京都三岳山麓「京の湧水」の3種類です。ワンウェイ方式を採用し、使用後のボトルは不燃ゴミとして捨てられます。
ワンウェイウォーター@水を採取地で充填
ウォーターサーバーに使われる天然水は当日に採取したものをクリーンルームにて充填しています。
ワンウェイウォーター@ウォーターサーバーの主流のワンウェイ方式
ウォーターサーバーのワンウェイウォーターでは、天然水と空気が触れるのを防ぐクリーンエアシステムという特許を開発し、また専用のPET樹脂のボトルをも開発しています。
ワンウェイウォーター@ボトルに衛生的な工夫
ウォーターサーバーのワンウェイウォーターのボトルのキャップには従来のボトルキャップにあるようなシートを一切使用してません。これは、閉めた部分から水が漏れるのを防ぐためにキャップにシートをはっていたものですが、このタイプはシート裏に雑菌や細菌が繁殖しやすく、また殺菌や消毒に手間がかかり、水が汚染する原因となります。